ごあいさつ

当社は、祖父が大正12年に防災事業を個人商店としてはじめ、引き継いだ父が昭和23年に法人組織とし、創業以来90年、暮らしにおける生命の安全と豊かな環境づくりのために力を尽くしてまいりました。消防機械器具や消防自動車の販売を主軸にしながら、時代の変化とともに取扱い品目も幅広い展開をしております。災害地で不足しがちな非常食、簡易トイレ、簡易間仕切り、さらに化学防護服や放射線防護服、熱画像直視装置などがその例です。高規格救急車の登場と救急救命士による治療行為が可能になり、担架やストレッチャー、その他周辺の医療機器に対する需要にも対応をしております。
今後も、多岐多様なニーズにお応えする消防防災機器の開発が重要と考えていますが、私たちの「防災」という仕事は、単にモノを売るということではありません。生活する方の安全•安心を第一に守るため、被害を最小に抑え、適正で使い勝手のよいモノづくりのために、これからも努力を重ねていく所存です。

代表取締役社長 大槻浩平

一般社団法人全国消防機器販売業協会理事
一般社団法人京都消防設備協会副会長
公益社団法人福知山納税協会副会長・綾部鉄工工業協同組合理事

PAGE TOP